任意整理した後にクレジットカードが利用・作成できる期間について

任意整理した後にクレジットカードが利用・作成できる期間について

任意整理を行うと、クレジットカードが使えなくなってしまうと不安に感じている方もいるのではないでしょうか。 確かに任意整理を行う事により、ブラックリストに載ってしまうので新規にクレジットカードを作る事が難しくなってしまいます。

しかし、一定期間経てばクレジットカードを作る事は可能です。 債務整理の前に特定のクレジットカード会社だけを対象から外す事も可能です。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

今回はそういった任意整理をする時に覚えておきたい、クレジットカードに関する情報をご紹介します。

任意整理でクレジットカードの借金を減らすことができる

任意整理とは裁判所を介さずに債権者と交渉をして、借金を減らしてもらう手続きのことを言います。 個人で交渉をすることも可能ですが、一般的には弁護士などに依頼をすることになります。

意外と知られていませんが、実はクレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠についても任意整理の対象とすることができます。 キャッシング枠については過払い金が発生していることもあり、その場合には先に過払い金の引き直し計算を行ってから任意整理をすることになります。

任意整理で減らすことができる借金は経過利息や将来利息となり、元本については基本的に減額ができません。 クレジットカードのショッピング枠の場合には、リボ払い手数料が減額できる可能性も高いです。

 

任意整理をするとブラックリストに登録される

ブラックリストとは

ブラックリストとは、クレジットカードの支払いが滞った場合や自己破産などを行なった場合に、金融機関の個人信用情報にそれらの事故情報や延滞情報として登録されることを言います。個人信用情報とは、債権者の氏名や年齢をはじめ、生年月日や住所が登録されていることはもちろん、そのほかに職業や収入、現在や過去の借り入れ金額とその返済履歴などの個人情報が掲載されています。

情報は個人信用情報機関で共有されており、クレジットカードの作成の際に申込者の信用できる人物かどうかを判断する審査に用いられています。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

任意整理をするとクレジットカードが使用できなくなる

任意整理は、借金の減額を行なう唯一裁判所を介さない私的な債務整理の手段です。 任意整理も債務整理の一つですので、手続きを行うと当然のことながらブラックリストには載ってしまいます。

ブラックリスト登録されている状態は返済能力がないと判断されるため、クレジットカードが使用できなくなります。 もちろん、作成することもできません。

ローンも組めなくなる

任意整理によりブラックリストに載ってしまうと、新たにローンを組むことも出来なくなります。クレジットカードと同様に現在組んでいる車や住宅ローンについては、任意整理の対象外とすることでそのままローンを継続し、毎月の返済を行なうことは可能です。新しくローンを組む場合には、任意整理による返済が完済後にブラックリスト期間の5年間の経過後であれば、新たにローンを申し込む事は可能です。

 

特定のクレジットカード会社を任意整理の対象から外すこともできる

特定のクレジットカード会社だけ対象から外すことはできる

任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接交渉を行います。 そのため自由度が高く、住宅ローンなどの担保がついた借金や、特定のクレジットカード会社だけを対象から外すことも可能です。

基本的には金利が高い借金を任意整理の対象として、金利が低い借金や担保が付いている借金は対象から外すということになるでしょう。 特定のクレジットカード会社を対象から外すメリットとして、少しの間だけクレジットカードが解約されずに使い続けることができる点です。

任意整理をするといずれどのクレジットカードも使えなくなる

任意整理の対象にしたクレジットカードについては、その時点で解約がされます。 一方、対象にしなかったクレジットカードについては、ひとまずは影響がなくそのまま利用を続けることができます。

クレジットカードの会社では、定期的に利用者の信用情報をチェックしています。 途上与信や更新のタイミングで信用情報を見られてしまうと、ブラックリストにのっていることが判明して、任意整理の対象にしなかったクレジットカードも利用が停止されてしまう可能性があります。

利用を停止させられるのか、それともショッピング枠やキャッシング枠を減額されるだけですむのかについては、クレジットカード会社の判断によることなのでなんとも言えませんが、利用ができなくなるケースが多いです。

 

クレジットカードの任意整理をする時の注意点とは?

引き落としているものは任意整理前に変更する

クレジットカードを任意整理する際は、手続きを行う前にカードの支払いを止める必要があります。 そのため電気代などの光熱費や携帯代の支払いをカード払いにしてる場合は、他の支払い方法に変更しなければなりません。

変更をする際はカード会社にではなく、料金を支払っている会社に直接申し込みをします。 カードの支払い方法を銀行引き落としにていて銀行の対応が間に合わない時には、手続き開始後しばらくの間も引き落としが続くこともあるため通帳残高をゼロにしておく必要があります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

ショッピングローンを任意整理すると購入した商品を引き上げられることがある

任意整理はクレジットカードのショッピング債務も対象になります。 ただし、クレジットカードのローンで購入した商品がある場合は、商品を引き上げられてしまうこともあります。

商品の引き上げに関しては信販会社の判断となります。 引き上げるか引き上げないかの基準となるのは、商品の換価価値です。

傾向としては換価価値が高い家電や家具、自転車などは引き上げられてしまう可能性が高くなります。その一方で、日用品や中古品などの換価価値が低いものは引き上げられないこともありますが、信販会社にもよります。 商品が引き上げられてしまうのを防ぐには、ショッピングローンに利用しているカード会社を債務整理の対象から外すことで回避できます。

キャッシング枠とショッピング枠のどちらか一つを任意整理することはできない

クレジットカードは大抵の場合、ショッピング枠にキャッシング枠が含まれています。そのためクレジットカードを任意整理する場合は、ショッピング枠とキャッシング枠の両方が対象となり、どちらかだけを残すということはできません。

商品のローン会社を任意整理から除外した場合、債務整理の情報を確認した時点で解約されてしまうこともあるので両方整理することが大事です。

クレジットカードの任意整理ではショッピング枠もキャッシング枠も同時に整理することになり、ショッピング枠に債務がある場合は換価価値のある商品は回収される可能性が高いので前もって確認しておくことが必要です。

またクレジットカードの利用具合などにより債務整理の方法が限られてしまうこともあり、専門家に相談したほうが良い場合も出てきます。

 

任意整理後は完済から5年間はクレジットカードを作成することができない

ブラックリストに掲載されるとクレジットカードが作れなくなることは有名ですが、任意整理をした場合にブラックリストに掲載されることはあまり知られていません。つまり任意整理を行うとクレジットカードが作れなくなるということです。

基本的にブラックリストから情報を削除することは不可能であり、ブラックリストに掲載されてから5年以上経過しなければ情報が消えることはありません。

5年が経過した後はブラックリストから情報が消えているため、新しくクレジットカードを作ることが可能になります。 もしブラックリストから情報が消えているかどうかを確認したい場合は、信用情報機関に問い合わせることで自分の信用情報を調べることが出来ます。

 

任意整理後にクレジットカードを作成する時の3つのポイント

任意整理したところに申し込まない

任意整理は、債権者と和解したとしても本来の約定を破ったことに変わりありません。 そのため任意整理の和解が成立した時点で、債権者の社内ブラックリストに永久に登録されてしまいます。

加盟している貸金業者が参照出来る個人信用情報機関とは異なり、社内ブラックリストの信用情報は社内ファイルのため、グループ会社を含めて二度と取り引きが出来ないことを意味します。

任意整理の和解から5年経過すると、個人信用情報機関に登録された事故情報は削除されます。 クレジットカードの申し込みを行い、審査結果次第ではクレジットカードを作れるようになりますが、任意整理を行なった会社が発行するクレジットカードは作れません。 会社の統廃合が進んでいるので、任意整理を行なった相手方の会社に該当していないか確認する必要があります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

短期間に複数の会社に申し込もない

任意整理から5年間は新たにクレジットカードを作れない状態が続くので、個人信用情報機関から任意整理した事実が削除された時点で、すぐに複数のクレジットカードに申し込みたいと考えがちです。

しかし、短期間で複数のクレジットカードの申し込みは、不自然な行動となるだけでなく、信用情報が育っていない状況下での申し込みは、クレジットカード会社にとって良い印象を与えません。

クレジットカードは会員制のサービスですから、入会させるかどうかの判断はクレジットカード会社の自由です。 任意整理を行なった後は、信用が積み重ねられていないので、クレジットカードを作る最初の1枚目は特に通過が難しい状況と考えて、短期間に複数のクレジットカード申し込みは避けることが大切です。

信用実績を作る

任意整理を全ての債権者との間で行なってしまうと、個人信用情報機関から任意整理の事実が5年経過して削除されたとしても、今度は信用情報が真っ白な状態となってしまいます。

社会人を長く続けている最中に、全く信用情報の記載が無い状態が続くことは、債務整理を行なったと会社には疑われます。 任意整理後に作成するクレジットカードは、最初の1枚目が特に厳しいので、まずは信用実績を作ってからクレジットカードの申し込みを行なうと良いでしょう。 信用実績を作る身近な方法として、携帯電話の割賦契約が挙げられます。

毎月遅れずに携帯電話代金を支払えば、分割払いを行なった分がしっかりと信用実績として積み上げられます。 最低半年以上しっかりと支払った後で、携帯電話の残債は一括払いすることも出来るので、信用実績作りとしては手軽な方法と言えるでしょう。

 

任意整理後にクレジットカードの代わりになるカードはどんなもの

デビットカード

任意整理後のクレジットカードの代わりになるカードとして、デビットカードがあります。 デビットカードとは銀行が発行するカードで、銀行口座の預金残高から直接引き落としが行われるため、残高がないと利用できない仕組みになっています。

お金を一時的に建て替えるクレジットカードとは別の扱いのデビットカードは、発行の際の審査がないので、個人信用情報機関に事故情報が登録されている場合でも作成が可能です。

クレジットカードのように支払いを後回しにすることはできませんが、通販などで支払い方法がカードしか選べない場合や、公共料金などをカード経由で支払いたい場合、常に現金を持ち歩きたくない場合など、十分にクレジットカードの代わりとして利用することができます。

家族カード

任意整理後は、家族カードを利用するという手もあります。 家族カードとは、クレジットカードの契約をしている人が、家族のために追加で作成できるクレジットカードのことです。

家族カードの利用分は、クレジットカードの契約者の口座から引き落とされる仕組みになっています。 家族カードはクレジットカードの契約者の信用に基づいて発行されるものなので、作成時には利用者への審査はありません。

過去に金融事故を起こしたことのない、返済能力のある家族に家族カードを作成してもらえば、任意整理を行ってブラックリストに登録されてしまった人でも、契約者名義でクレジットカードを利用することができます。

ただし、任意整理後であれば尚のこと、どうしても必要な場面でだけ利用するよう注意が必要です。  

まとめ

クレジットカードでも使用しすぎて借金が返済しきれなくなった場合は、任意整理を受けることができます。

任意整理の手続きを行うと、借金の額を返済可能な範囲にまで減額してもらうことができますが、ブラックリストに登録されてしまいクレジットカードを使うことができなくなります。生活費を引き落としで行っている場合は変更が必要です。

さらに、ブラックリストに載ってしまうと、5年から8年ほどの間は新たにクレジットカードを作ることもできなくなります。 期間が過ぎた後でも、信用情報が全くない状態ではクレジットカードを新たにすぐ作ることは難しいため、携帯電話の分割払いなどで新たな信用情報を作っておくと良いです。どうしてもクレジットカードが必要な場合は、デビットカードや家族カードで代用することもできます。

過払い金請求に強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求は徹底的に貸金業者と交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事