数年前ホストクラブにはまった私が過払い金請求で離婚を免れた話

数年前ホストクラブにはまった私が過払い金請求で離婚を免れた話

おすすめの事務所をチェック

とにかくうるさい主人には内緒!必死に返済していました

ホストクラブ通いが原因

借金生活にハマってしまったのは、私のホストクラブ通いが原因であることはまぎれもない事実です。主人が全く相手にしてくれなかったから、ついついホストクラブに行くことが楽しみとなってしまいました。まさか、テレビ番組のような事態が自分自身の身に降りかかってくるとは夢にも思いませんでした。後悔しても仕方ありませんが、本当に悔やんでいます。最初にホストクラブに行ったのは、友達に誘われたことがきっかけでした。男性が優しくしてくれることに満足してしまった私は、やみつきになってしまったのです。

最初のうちは月に一度のペースが徐々にエスカレートしてしまい、お金の工面のためにとうとう銀行ローンや消費者金融にまで手を出してしまったのです。みずほ銀行と新生銀行から50万円ずつを借り、そしてアイフルからも40万円を借り入れ、合わせて140万円という多額の借金を抱えることになってしまいました。140万円といえども、仕事をしていない主婦にとっては大変な金額です。私は毎月の合計返済額の6万円を捻出するのに四苦八苦していました。

主人にバレまいとして必死に返済

毎月の返済に苦労することも度々ありました。家計を圧迫するとばれる可能性があるので、普段と変わらないように見せつつ毎日節約やパート、内職をすることでちょっとずつ返済していきました。 しかし返せども返せども利息でなかなか借金が減りません。

債務整理は自分でやる、どうなるの?

返済生活がずっと続いていたこともあり、みずほ銀行と新生銀行の担当者は返済が遅れても比較的優しかったのですが、アイフルの担当者はめっぽう厳しい対応をする人なので苦手でした。利息だけでも何が何でも用意して欲しいと迫ってくるのです。一度アイフルからの督促電話に主人が出てしまい、ごまかすのに大変な思いをしたこともありました。

クレジットカードの過払い金請求について

完済に向けての道筋が明らかに!司法書士への依頼が成功

過払い金請求で借金が激減

私はとうとう返済に行き詰まってしまい、司法書士に債務整理の依頼をすることにしました。もちろん、主人には内緒で全ての話を進めることに。主人が知ったらまちがいなく離婚を突きつけられることになります。アイフルの件も、一度だけたまたま利用しただけと嘘を言ってごまかしたことも司法書士には話しました。司法書士の話では債務整理する前に返済歴が長いので過払い金請求しましょうと提案されました。

私はよくわからなかったので取引履歴などの請求も全て任せることにした結果、全ての貸金業者と和解が成立。107万円過払い金が戻ってきました。140万円の借金の返済にあてられるので手元には戻ってこなかったものの、残り借金は33万円になって、そのうえ任意整理扱いになったので利息が免除になり、完済できました。

過払い金請求では払い過ぎた自分のお金を取り返す手続き

実は消費者金融やクレジットカード会社などから借金をしたことがある人は、利息を多く払い過ぎている可能性があります。

テレビCMやラジオCMで過払い金請求をするとお金が戻ってくると聞いたことはありませんか?

実際に過払い金請求をすると、借金を完済した人は手続をすれば過去に払い過ぎた利息を取り戻すことができます。

いま借金を返済中の人は、借金を完済したり、減らすことができる可能性があります。

「過払い金を取り戻すこと方法」や「過払い金請求でどれくらい過払い金が戻ってくるのか」気になる人のために、過払い金が発生する仕組みや過払い金請求の注意点を解説していきます。

債務整理は自分でやる、どうなるの?

1)過払い金とは?

「過払い金」とは、クレジットカードや消費者金融のキャッシングなどで、貸金業者に支払い過ぎていた利息のことを言います。

クレジットカード会社や消費者金融は、過去に「グレーゾーン金利」を利用して利息制限法の上限を超えた金利で貸付をして、違法に利息を取り続けていました。

長いあいだ借金の返済を続けている人は、過払い金が発生している可能性があるので、過払い金の返還請求をすることによって、過去に払い過ぎた利息を取り戻したり、借金を完済・減額したりすることができます。

2)過払い金が発生する仕組み

では、なぜ過払い金請求ができるようになったのでしょうか?

それは、「貸金業法」の中で定められている貸付の上限金利には「利息制限法」と「出資法」という2つの法律があり、それぞれの上限金利が異なっていたからです。

「貸金業法」とは、消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者がお金を貸すときの上限金利などのカードローン利用者を守るための規則が定められている法律です。

利息制限法 出資法
上限金利 10万円未満・・・20% 10万円以上100万円未満・・・18% 100万円以上・・・15% 29.2%
超過した場合 罰則なし 刑事罰あり

一定の要件を満たせば、利息制限法と貸金業法の間の利息(グレーゾーン金利)をとってもいいことになっていたので、多くの貸金業者は年利29.2%近くの高い利息で貸付をしてきました。

しかし、債務者の金利負担の軽減という考えから平成18年1月に最高裁でグレーゾーン金利を原則無効とした判決が下り、平成22年6月18日の貸金業法の改正で出資法の上限金利が20%に引き下げられました。

そのため、利息制限法と出資法の間の金利で借金をしていた人は、過払い金が発生していて取り戻すことができるようになったのです。

3)過払い金請求のデメリットとメリット

過払い金には時効がある

過払い金には時効があります。過払い金の時効は、貸金業者と最後に取引をした日から10年です。

民法167条において、「債権は、十年間行使しないときは、消滅する」と定めています。

つまり、最後の取引から10年以内に過払い金の請求をしないと、時効が成立してしまい過払い金を取りもどすことができないということです。

時効については、一度完済してもう一度借入をした場合に、1回目の取引と2回目の取引を「一連の取引」とするか、「分断した取引」とするかがよく貸金業者と争いとなっています。

1回目の完済が10年以上前で「一連の取引」が認められなかった場合、1回目の取引は時効が成立してしまい過払い金が取り戻すことができなくなるので、最後の完済が10年以内の方も時効が成立する前に過払い金請求されることをおすすめします。

今すぐ無料相談する!

過払い金請求の対象とならないケース

2010年6月17日の貸金業法の改正前から借金をしていてもか過払い金請求ができないケースがあります。

①利息制限法の上限金利(15%~20%)以下で貸付をしていた貸金業者からの借金 ②銀行カードローンなどの借金 ③金利引き下げ後に契約

①利息制限法の上限金利(15%~20%)以下で貸付をしていた貸金業者からの借金

アイフル、アコム、レイク、プロミスなどの多くの消費者金融は、2010年の貸金業法の改正前は、利息制限法の上限金利を越える金利で貸付をしていました。

平成18年1月に最高裁でグレーゾーン金利を原則無効とした判決が下りたために、平成18年~平成20年にかけて、大手の消費者金融は貸付の金利を引き下げました。

ところが、もともと利息制限法よりも低い金利でしか貸付をしていなかった貸金業者があります。

消費者金融のモビット・キャッシュワン・アットローンは利息制限法の範囲内で貸付をしていたので過払い金は発生しません。

また、ジャックスやオリックスクレジットは、グレーゾーン金利が問題になるよりも前から貸付の金利を引き下げしていますので、過払い金が発生している可能性は低いです。

②銀行カードローンなどの借金

平成22年の貸金業法の改正よりも前から銀行のカードローンでキャッシングをしていても過払い金は発生しません。

アイフルやアコムなどの消費者金融や三菱UFJニコスやオリコなどのカード会社は、貸金業者なのでお金を貸付するときは「貸金業法」が適用されます。

一方、銀行のカードローンは「銀行法」という消費者金融やカード会社とは別の法律が適用されていて昔から違法な金利では貸付していなかったので、銀行のカードローンはカバラ金が発生しないのです。

③金利引き下げ後に契約

平成18年1月に最高裁が利息制限法を超える金利を無効とする判決をおろしてから、平成22年の貸金業法の改正に先駆けて、多くの消費者金融やクレジットカード会社は金利の見直しをしました。

金利を引き下げた日以降に新規契約をした人は過払い金が発生していません。

一方、多くの貸金業者が金利の引き下げの対象としたのは新規の顧客なので、金利引き下げの時期よりも前から契約をしていた場合には過払い金が発生している可能性があります。

金利引き下げ時期 引き下げ前金利
アイフル
2007年8月1日
~29.2%
アコム
2007年6月18日
~27.375%
プロミス
2007年12月19日
13.5%~25.55%
セゾン
2007年6月
24%~27%
オリコ
2007年3月
7.8%~27.6%
ライフ
2006年11月
18.25%~27.74%

3)過払い金請求のデメリット・メリット

過払い金請求とは、消費者金融やクレジットカード会社へ払い過ぎた利息を取り戻すことですが、単純にお金が戻ってくるだけのメリットだけではなく下記のようなデメリットもあります。これから過払い金の請求を考えている人は、メリットとデメリットを理解したうえで適切な判断をして請求されることをおすすめします。

完済後の過払い金請求のデメリット・メリット

メリット デメリット
  • 過去に払い過ぎた利息が戻ってくる
  • ブラックリストにのらない
  • 過払い金を取り戻した貸金業者の利用ができない

借金を完済した後の過払い金請求にはデメリットはありません。

唯一、デメリットとしてあげるなら過払い金請求をした貸金業者のカードが使えなくなる可能性があることくらいです。

しかし、貸金業者によっては、過払い金請求後に再度申し込みをすればカードを発行してくれる会社もありますので、過払い金請求後にカードが使えるかどうかは貸金業者の判断となります。

どうしても、過払い金請求をした貸金業者のカードを今後も使いたいという人は、カード会社の傾向を把握している専門家に確認してみるとよいでしょう。

返済中の過払い金請求のデメリット・メリット

メリット デメリット
  • 過去に払い過ぎた利息が戻ってくる
  • 過払い金で借金が完済or減額
  • 毎月の返済が減る
  • 借金が残った場合はブラックリストにのる

借金を返済中に過払い金請求をする場合はブラックリストに注意が必要です。

過払い金が借金の残高よりも多く発生していた場合には、過払い金で借金を完済することができるのでブラックリストにのりません。

しかし、過払い金の発生金額が借金の残高よりも少なかった場合やそもそも過払い金が発生していなかった場合には『債務整理』としてブラックリストに載ります。

ブラックリストに載ると一定期間、新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなって一時的に現金払いの生活になりますが、借金を繰り返してしまう悪循環を変えられます。収入と収支のバランスを見直して、生活を立て直すチャンスです。

また、借金を滞納したことがある場合はすでにブラックリストに載っている可能性が高く、完済してから5年程度は載り続けるので、ブラックリストに載ることを気にして過払い金請求をためらう意味はありません。すぐにでも過払い金請求して借金を減らすべきです。

毎月の返済が苦しくて生活費を削っている方、家賃や携帯電話代などを滞納している方、ほかの貸金業者から借りては返しを繰り返している方、終わりが見えなくて常に頭のなかに借金が重くのしかかっていた方も、毎月の返済がラクになって、完済までのめどがたてられます。


生活に影響をあたえる過払い金請求のリスク

今すぐ無料相談する!

4)過払い金請求の対象となる人とは?

下記の2つの項目に当てはまっていれば、過払い金請求ができる可能性が高いです。

  • 2010年(平成22年)6月17日以前に借入をした人
  • 借金を完済してから10年以内の人

しかし、多くの人は借入した日や完済した日を正確に覚えていないものです。

自分ではこの2つの項目にあてはまっていないと思っていても、「実は過払い金が発生していた」ということがあります。

過去に消費者金融やクレジットカード会社で借金をしていたことがある人は、過払い金の対象かどうか専門家である弁護士や司法書士に無料相談してください。

5)過払い金請求が強くて評判な事務所ランキング

第1位 司法書士法人杉山事務所

杉山事務所の特徴

杉山事務所は、過払い金回収額がもっとも多い法律事務所として国内有数の経済紙である「週刊ダイヤモンド」でも取り上げられたことがあります。

その際に、「消費者金融が恐れる司法書士事務所」というキャッチフレーズで紹介されていました。

少し大げさに聞こえるキャッチフレーズですが、実は、杉山事務所を消費者金融が恐れるというのは大げさな話ではありません。

1カ月あたり5000件を超える相談実績と過払い金の請求総額が月5億円以上の杉山事務所は、さまざまな貸金業者と交渉しているので高い交渉力が培われ、貸金業者によって異なる落としどころを知り尽くしています。消費者金融にとって知られたくない点を知り尽くされていることが脅威なのです。

そして、圧倒的な交渉力だけではなく、良心的な費用設定と全国対応をしている点も依頼者から高く評価されています。

杉山事務所は、大阪・東京・名古屋・福岡・広島・岡山・仙台・札幌の全国8か所に事務所があって、全国の相談者の対応しています。自宅から近い事務所で面談することができますし、どうしても遠くて事務所まで行けない場合は出張相談もしていますので全国どこの地域からでも相談が可能です。

杉山事務所へ依頼した人の評判&口コミ

40代・男性・派遣社員 派遣社員で働いており、市民税の滞納が払えなくて借金をしたのが多重債務になるきっかけでした。 最初は市民税の滞納で借金をしたものの、すぐに枠が増加となりそのお金を競馬やゴルフ、飲み等に使ってしまいました。返済にも困るようになり他社への借入も行いました。それをまた競馬等に使い、自分の収入では返済が難しい額となり債務整理をする事を決めました。 債務整理をする前は、支払がくる1週間前位からどうやってお金を工面しようか悩む日が続いていました。仕事もなかなか手につかず、ミスを繰り返す事も多かったです。給料の大半を返済に充てていたので、遊びに行く事もできず自分が招いた事とは言え、毎日本当に哀れな生活でした。任意整理は自分の中で、どうしてもネガティブなイメージしかなかったのですが、思い切って杉山事務所に相談して行って良かったです。総額250万あった借金が0になって手元に30万円も戻ってきました。毎日悩む事もなくなって前向きに生活できるようになったので本当に良かったと思っています。

   

今すぐ無料相談する!

第2位 司法書士法人みどり法務事務所

みどり法務事務所の特徴

司法書士法人みどり法務事務所は、東京、札幌、広島、岡山、高知、松山、熊本、名古屋の全国8か所に事務所があります。特に、FM高知でのラジオCMやラジオ番組『よっちょれ!相続相談』が好評で中国・四国地方ではかなり知名度の高い司法書士事務所です。

相談窓口は、『過払い金無料診断ダイヤル』『メール』『出張相談会』と3つを設置していて、遠方で事務所まで相談にいくことができない人のために、毎月、出張無料相談会も開いて地域密着型で親切丁寧な対応の事務所だと相談者から多くの声が寄せられています。

事務所の設立は2013年5月とまだまだ若い事務所ですが、過払い金請求をはじめ債務整理を専門的に取り扱っている司法書士が多く揃っているので、すでに借金問題の相談実績は25,000件を超えており、過払い金返還率も優秀で多くの相談者より信頼を集めています。

\相談は何度でも無料/

借金問題をひとりで抱え込んで大きくしてしまう方はたくさんいます。専門家と言えども、相談しなければ解決はしてくれません。

過払い金請求は早めの手続きが肝心です。みどり法務事務所なら依頼しても過払い金が発生しなかった場合、費用はかかりません

みどり法務事務所へ依頼した人の評判&口コミ

50代・男性・派遣社員 遊ぶお金が欲しくて消費者金融2社から200万~300万円借入をしていました。 当時は借りては返し手を繰り返していて、最終的に返せなくなったのと、会社が倒産してしまったので生活保護の相談をするときに福祉課の担当者に借金の相談もしました。 福祉課の担当者からは債務整理をするよう勧められたのでラジオできいたことのあるみどり法務事務所に相談の電話をしてみました。 自分の場合は過払い金はないと言われたけど、自己破産で借金が0になりました。自業自得ですが苦しい生活から抜け出せて大変感謝しています。

 

今すぐ無料相談する!

第3位 司法書士法人みつ葉グループ

みつ葉グループの特徴

みつ葉グループは2012年3月に司法書士法人オフィスワングループとして創業しました。2018年1月1日に事業拡大のために司法書士法人みつ葉グループに社名変更して、司法書士法人みつ葉グループ・行政書士法人みつ葉グループ・株式会社みつ葉コンサルティング・一般社団法人民事信託協会をグループ法人を設立しました。

2012年の事務所設立当初の業績は600万円でしたが、2019年の業績予想は8.5億円と急成長中の事務所です。

司法書士法人みつ葉グループは、債務整理・不動産登記申請代行・商業登記代行・相続放棄・相続登記・140万円以下の裁判業務など、総合的に業務を取り扱っています。、特に債務整理は得意分野としています。

特に、みつ葉グループの借金の減額診断は、4つの質問に答えるだけで借金が減額できるのか簡単に診断ができるので相談者から好評価を得ています。

借金を抱えている人の中には今すぐにでも相談をして返済も気持ちもラクにしたいと思っている人が多いと思いますが、みつ葉グループの借金の減額診断は入力してからすぐに電話とメールが来るので安心して問合せができて相談者に対する配慮が徹底した体制が整っている事務所です。

みつばグループへ依頼した人の評判&口コミ

50代・男性・不動産営業 私は当時、不動産営業の仕事をしていて年収は700万円くらいでした。 趣味はパチンコや競馬などのギャンブルで、休日だけではなく早く仕事が終わった日には会社帰りにパチンコをして遊んでいました。 営業成績はまあまあ良い方で固定給の他に歩合給もあるのですぐに返せると思って、ついつい消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用してギャンブルをしていたら、気づいたら借金の総額が800万円くらいにふくらんでいて、毎月の返済額は20万円になってしまいました。 返済もちょくちょく遅れだしてきたので、このままではマズイなって思っていろいろインターネットで検索していたところみつ葉グループの借金減額診断を見つけて診断をしてみたら過払い金が発生していると言われたので手続きをお願いしました。 過払い金で借金を0にすることはできませんでしたが、借金の総額が200万円以下に減額されて毎月のへんさいがくも20万円くらいから5万円くらいに減りました。 債務整理をしなければ未だ借金と返済を繰り返していたと思うとゾッとします。 あの時借金減額診断をインターネットで見つけて、相談してみて良かったです!

過払い金請求に強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求は徹底的に貸金業者と交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事