アコムを債務整理をした後のクレジットカードはどうなる?

アコムを債務整理をした後のクレジットカードはどうなる?

債務整理手続きをするときに一番よくある相談が「債務整理をしたらブラックリストにのるの?」ということです。

正確に言うと、借り入れした時にはすべてのひとが、貸金業者が登録している「信用情報機関」に個人情報が登録されるのですが、その個人情報に債務整理しましたよと「事故情報」が登録されている状態のことを「ブラックリストに載る」と言っています。

一度ブラックリストに載ってしまうと、ブラックリストに載った事実は、一定期間は消すことができません。 しかし、ブラックリストに乗りたくないからと言って債務整理をしないでいても、返済を延滞していると結局ブラックリストに載ってしまう上に、利息や遅延損害金といった罰金で借金はどんどん膨らんでいくことになります。

そのため、債務整理を先延ばしにしても何も解決できません。逆に言うと延滞しているのであればデメリットなく債務整理できるというです。

また、延滞を続けているよりも早く債務整理をしてしまったほうが早くブラックリストから削除されるので、新たにローンを組むことや家や車の購入もできます。

借金のことで本当に悩んで、苦しんでいる方を多く見てきましたが、まずは専門家に相談するのが一番です。費用のことが心配かもしれませんが、最近では借金問題の相談は無料で受け付けているところも多いのでまずは相談だけでもしてみることをお勧めします。

過払い金請求に強い事務所ランキング

 

アコムを債務整理をしたらクレジットカードはどうなる

クレジットカードやローンの申し込みをした場合、申し込みを受けた側は、各会社ごとに基準をもっていて、その基準を満たしているかの「審査」をします。

アコムの債務整理をした場合、債務整理をした情報をアコムが信用情報機関へ報告をして一定の間、登録されてしまいます。

そのため、審査段階で「過去に金融事故をおこしている」と知られることが原因になり、クレジットカードやローンの審査に落ちる可能性があります。

ただし、金融事故をおこしていなくても、小さい会社勤めで収入が低いなど、返済できなさそうと判断されてしまえばクレジットカードやローンの審査は通りにくく、逆に債務整理をしていても、返済できる信頼性が高いと判断されれば審査が通る可能性もあるので、一概に「債務整理=審査が通らない」というわけではありません。

ブラックリストを登録している信用情報機関は3つ

信用情報について

JICC(ジェイアイシーシー)【株式会社日本信用情報機構】

JICCとは、消費者金融、金融機関、クレジットカード会社、信販会社など他の業種も加盟している国内で唯一全業態を網羅する国内最大の信用情報機関です。

CIC(シーアイーシー)【株式会社シー・アイ・シー】

CICとは、クレジットカード会社系の信用情報機関です。 主な会員はクレジットカード会社と信販会社ですが、一部の消費者金融会社や銀行なども加盟しています。

KSC(ケーエスシー)【全国銀行個人信用情報センター】

KSCとは、銀行を主な会員とする信用情報機関です。 銀行やそれと同視される金融機関、そして政府関係金融機関や信用保証協会は、これらの情報を与信取引の参考にしています。

【アコムが公表している登録先】

【アコム貸金】 【アコムショッピング】
登録される機関 JICC・CIC CICのみ

※ 3つある信用情報機関のうち、アコムが登録する信用情報機関は上記のとおりです。 ただし、貸金業法ではおたがいに残高情報などの共有を行うことが義務付けられているため、債務整理をした情報は結果的にどの会社でも見られることになります。

具体的に信用情報ってどこまで記載されているの?

クレジットカードの返済の登録情報はイメージがつきにくいかもしれませんが、記号やアルファベットであらわされています。

例えば、入金状況の所に「$」のマークがついている場合は、返済日にきちんと返しているという意味で、「A」のマークがついている場合は、支払いが遅れている意味になります。

そして、ブラックリストに載ってしまったという場合には、お支払の返済状況という所に【異動】と記載されます。

この【異動】と記載されることが、すべての金融会社がブラックと判断する基準となります。

 

<実際に信用情報で扱われている記号例>

表示 内容
$ 請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があった
P 請求額の一部が入金された
R 本人以外から入金があった
A 本人の事情で約束の日に入金がなかった(未入金)
B 本人の事情とは無関係の理由で入金がなかった
C 入金されていないが、その原因がわからない
請求もなく入金もなかった(クレジットの利用がない場合)
空欄 クレジット会社等から情報の更新がなかった(クレジットの利用がない場合)

上記の表を見ていただくとわかるように、信用情報機関というのは「ブラック」になる前からかなり細かく分類されていることがわかります。

返済を何度か延滞してしまっている場合には、債務整理をしていなくてもカードの更新やローンの申し込みが通らない可能性は十分考えられます。

 

ブラックリスト情報が登録される4つの原因

ブラックリストに載る4つの理由

延滞

アコムの返済期限までに返済ができない場合、1日遅れただけでも問題ですが、信用情報機関に「事故情報として登録される」のはおおよそ2カ月以上(61日以上)延滞してしまったときです。

ただし、短期間であっても何度も繰り返すと登録されることがあります。

事故情報の中でももっとも多いのがこの「延滞」です。 延滞自体は支払いをすることで解消されますが、事故情報として登録された記録はすぐに消えません。

代位弁済

代位弁済(だいいべんさい)とは、簡単にいうと金融機関やクレジット会社が貸付をおこなうときに、貸した相手が返せなくなったときに備えて、保険(保証会社)をつけている場合があり、本当に返済してもらえなくなったときに、その保証会社が代理で払うことです。

代わりに返済してくれるなら安心ということではありません。 代位弁済がされた場合、今度はその保証会社から督促を受けることになります。

アコムは無担保・無保証で貸付を行っている会社のため、アコムの借入を代位弁済されることはありません。

ただし、アコムが保証会社になっているローンはたくさんあります。

例えば、三菱東京UFJ銀行のカードローンを延滞していたらアコムから請求がきた!という場合は代位弁済をされたことになり、信用情報に事故情報が載ってしまったということになります。

債務整理

アコムを債務整理した場合は任意整理、個人再生、自己破産すべての手続きでブラックとして登録されます。

強制解約

クレジット会社、ローン会社など貸している側から強制的に解約されることです。 不正利用(家族に貸したり譲ったりした場合)が原因の場合もありますが、基本的には延滞による強制解約です。

・支払い期日1~30日以内の強制解約・・「延滞をしました」ということがわかる「A」マーク

・支払い期日2か月以上延滞の強制解約・・ブラックになったことがわかる「移動」マーク

「移動」が記載されると信用情報には事故情報が載ってしまったということになります。

 

債務整理を開始するとカードが停止する理由

「途上与信(とじょうよしん)」と「法定途上与信(ほうていとじょうよしん)」

クレジットカード会社は申し込み時の審査以外に、カード会社が独自に行っている「途上与信(とじょうよしん)」と、貸金業法などで定められた 「法定途上与信(ほうていとじょうよしん)」という二種類の審査をしています。

各カード会社は更新時期以外にも信用情報機関の確認をして管理をしているため、「異動(事故情報)」が存在していたら、その時点でカードの利用を停止します。カードの更新もできません。

法定途上与信は内容としては途上与信と変わりありませんが、貸金業法で決められている条件に当てはまる場合、かならずおこなわなければならないと定められている審査です。

<法定途上与信をおこなう条件>

  • キャッシングやローンで1カ月に利用している額が5万円以上で、借り入れの残高が 10万円以上の場合(毎月おこなわれる)
  • その月の借り入れがなくても、借り入れの残高が10万円以上の場合(3か月に一度おこなわれる)

途上、つまり途中で審査を各カード会社は常におこなっているということになります。

そのためアコムの債務整理だけをした場合でも、債務整理をしていない他のカードも利用停止になってしまいます。

ブラックリストに載る期間

ブラック期間とは信用情報に「異動」情報が記録されていることです。記録された情報は期間が過ぎるまで消えません。

・任意整理・・・完済してから5年間保存される

・個人再生・・・完済してから5年間保存される

・自己破産・・・免責許可が下りたあと10年間保存される

・過払い金請求・・過払い金の請求は、返済能力とは無関係なため、登録されない

<各信用情報機関の登録状況>

CIC JICC KSC
61日以上滞納 5年 1年 5年
3ヵ月以上連続滞納 5年 5年 5年
任意整理 記載なし 5年 記載なし
個人再生 5年 5年 5年
自己破産 5年 5年 10年
代位弁済 記載なし 5年 5年

※ 記載なしの信用情報機関であっても3つの機関でブラック情報は共有されているので基本的に別の会社であっても審査は通りません。

[sugawara]

ブラックリスト解消後、クレジットカードを申し込みする前の注意点

自分で信用情報機関に開示請求する

信用情報は,自分の状況を確認したいときに自分で「開示請求(かいじせいきゅう)」ができます。 信用情報機関から取り寄せることでブラックが消えたかどうか確認してみましょう。

クレジットの申込履歴は申込の日から6ヶ月間残ります。やみくもにカードを申し込みするまえにかならず確認をしましょう。

<信用情報の開示請求 受付方法>

  • CIC・・ホームページ・郵送・窓口で信用情報を開示しています。 手数料はホームページと郵送が1,000円、窓口が500円です。
  • JICC・・ホームページ(スマートフォン)・郵送・窓口で信用情報を開示しています。 手数料はホームページと郵送が1,000円、窓口が500円です。
  • KSC・・信用情報の開示はKSCへの郵送申込みによってのみ受け付けています。 手数料は1,000円です。

アコムとアコム系列の銀行はさける

アコムを債務整理した場合、一定期間のブラック情報が消えたあともアコムの社内情報としては永久に残っていると考えられます。 そのため、アコムが保証会社である銀行カードローンに申し込むと審査におちてしまう可能性が高いので、関係がないところで申し込みをしましょう。

<アコムが保証会社をしている主な銀行カードローン>

三菱東京UFJ銀行 バンクイック セブン銀行カードローン じぶん銀行カードローン
北海道銀行(ラピッド) 青森銀行 山形銀行
岩手銀行(エルパス) 群馬銀行(ナイスサポートカード) 足利銀行(モシカ)
常陽銀行(キャッシュピット) 北陸銀行(クイックマン) 八十二銀行
第三銀行 南都銀行 広島銀行
第三銀行 南都銀行 広島銀行
伊予銀行(スピードカードローン) 宮崎銀行(おまかせくん)

※ 他にもアコムが保証会社になっているローンがいくつもあります。 申し込みをする前にかならず保証会社がどこか確認してから申し込みをしましょう。

個人再生・自己破産をしたときは官報情報を審査基準にしているクレジット会社をさける

個人再生や自己破産の手続きをした場合、国の発行している「官報(かんぽう)」という新聞のようなものに個人情報が登録されます。

この官報を審査基準にしていると公表している会社は審査基準が高く、信用情報機関ではクリーンな状態になっていたとしても、社内で蓄積している官報のデータベースで引っかかってしまう可能性があります。

<官報を審査基準にしているカード会社>

・エポス

・オリコ

・クレディセゾン

・JCB

・セディナ

・三井住友カード

・三菱UFJニコスカード

・ライフカード

債務整理後は官報情報を利用していないカード会社を選ぶようにしましょう。

債務整理をしても使えるカード

債務整理をしてブラックリスト載っていても、利用できるカードがいくつかあります。カードを持っていないと不安、不便と感じる方も少なくないので、債務整理をする前に準備しておきましょう。

債務整理後も使える3種類のカード

デビットカード

デビットカードとは預金口座を持つ金融機関が発行しているカードで、商品などを購入した時に代金が自分の銀行口座から即時に引き落とされるカードです。

デビットカードはほとんどの銀行で審査なしでカード発行が可能なため、アコムを債務整理する前に一枚つくっておくと、カードがない不便さはこのデビットカードでほとんど解消されます。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは有料道路のお支払いに限定した、高速道路会社が共同で発行するETCカードです。

クレジットカードをお持ちでない方でもデポジット(保証金)をさきに払うことで、有料道路のETC走行が可能になります。 お仕事でETCを利用される方はアコムの債務整理の前に作成しておきましょう。

家族カード

家族カードは家族会員カード、ファミリーカードとも呼ばれています。

クレジットカード契約者である本人の家族に対して発行できるカードです。

債務整理をしていない家族がいる場合は、この家族カードを発行してもらうことによって家族名義のカードを利用することができるようになります。

 

まとめ

債務整理とは、「返済できない」「返済で生活が苦しい」「借金の取り立てが怖い」などの問題を解決できる法的な手段です。

借金のことで悩んでいると、不安や心配事でなかなか行動に移すことができなくなってしまいますが、借金の延滞を続ければ利息は膨らむばかりで、遅延損害金といった罰金まで科せられるのでどんどん借金は増えていくばかりです。

債務整理は先延ばしにしても借金問題は解決しないし、生活も楽になることはありません。ブラックリストもいつまでも載っているわけではないので早めに対処したほうが専門家に無料相談を活用してみましょう。

過払い金請求に強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 過払い金請求の相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談料・初期費用0円!
  • 過払い金返還累積90億円以上。借金問題の無料相談・債務整理・過払い金請求の専門家です。事務所は東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8ヶ所にあります。秘密厳守で親切・丁寧な対応が選ばれる理由です。

    • 過払い金返還累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 状況に合わせた手続きを提案
  • 総勢40名の債務整理専属チームがフルサポート体制で全国からの相談に親身に対応。過払い金請求は徹底的に貸金業者と交渉し、相談者には寄り添う頼れる事務所です。費用は成功報酬制なので安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事